ようこそ、インフォパース株式会社のホームページへ

インフォパースは、構造化文書管理の長年に渡る実務者としての実績から、製品サービス情報のインテリジェント化を、国内外の優秀な人材(エージェント)・パートナー企業と共にチームを組んで提供しております。

DX(デジタルトランスフォーメーション)におけるビジネスの変容では、これまで以上に細分化されたコンテンツ(トピック/マイクロコンテンツ)間の繋がりと利用者の意図や意思が反映されるパーソナライゼーションが求められています。

コンテンツインテリジェンス戦略(方針/デザイン)の具現化を支援するコンテンツエンジニアサービスの役割は、チームの持つイノベーションと実践から、これらの変容に対応するための準備をし、既存の仕組みを活性化し、新しいビジネスの創造を推進するものであると考えております。

コンテンツのインテリジェント化には、裏方(DITA)としてのコンテンツ制作の標準化とモジュール化が必要です。設計部門やマーケッティング部門とのデータ連携のためにはコンテンツインフラとしてのCMSプラットフォーム(CCMS)が必要です。

システム連携の要となるCMSプラットフォームを担うコンテンツ管理の実装には、IAの実務も担うコンテンツエンジニアとCMSの実装経験が必要です。

カスタマージャーニーにおける複数のタッチポイント、パーソナライズされた体験(CX)には、アダプティブコンテンツを前提とするコンテンツモデル(構造化文書)とセマンテックモデル(メタデータ)が必要です。

弊社は、この新しい環境への業務移行をグローバルチームの窓口としてご支援します。まずは御社の課題をお聞かせくださいませ。

それぞれの詳細につきましては、問い合わせフォームからご相談ください。

 

 

最新トピック

2020年10月21日 DXソリューションにおいてSDLとパートナーシップを締結

RWSへの合併統合で世界で一番大きな言語サービスグループとなったSDLのDXソリューションを国内で推進していくことになりました。DITA関連業務とのかかわ...

関西地区サテライト事務所開設

コロナ過で拠点の役割や東京事務所との関係性が変容しておりますが、関西事務所におおける活動を始めております。以下の業務を主に担う場として開設されました。 関...

3/13((金))開催のDITA Festa 2020 Kyoto 中止のおしらせ

 3月13日開催予定だったDCJ主催の「DITA Festa2020 Kyoto」ですが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で政府からもイベント等自粛の要請がで...

携帯サイト


PC版と同じURLです
URLをメールで送る