Mr.DITA Japan Blog ブログテーマ:会社

DITA Festa2015 Kyoto

[会社] 投稿日時:2015/03/23(月) 09:38

先週の金曜日、京都にてDITAコンソーシアムジャパンの「DITA Festa2015 Kyoto」に参加致しました。

15分のソリューションマラソン枠、プレゼンの達人さんの後を引き継いでということで、デモでも加えて固めの事業紹介的な内容を広げる準備をしてきましたが、やはり時間が短くデモのタイトルだけに終わってしまいました。どうも営業的なプレゼンは性に合いません。

とは言え、これまであまり公に語ることの無かった現場のベテランとしての来歴(実務経歴)、他社のコンサルサービスとの違い、サービス、ソリューション、新規の告知などは枠内でできました。

まとめると、

  1. ストラクチャードコンテンツには、独立前の会社から20年実務に関わっているベテランのマイクロファーム
  2. インフォパースをハブ(ワンストップ)の窓口とする協業のビジネス
  3. 導入調査から運用後の改善までコンテンツライフサイクル全般を支援
  4. 制作業務の支援がサービスの中核であり、当事者意識が欠如しているコンサル型とは異なる実践型ハイブリッドサービス
  5. JDIGとしてはDITA導入コンサルもおこなっている(専門性をもった3社)
  6. 国内DITA導入成功事例の2社の導入に長期にコンサルとして関わって独立
    日経ビジネスONLINEでのDITA導入企業2社の紹介記事は、弊社から記者への紹介
  7. DITA研修サービスでは、Mr.DITA Eliot Kimber氏と「DITA Dojo」教育カリキュラムを計画中
    DITA for Small Teamsを最初のワークショップとして準備(国内向け)
  8. 会員制のDITA CCMSレビュー記事を開始
    第一弾は、ドイツのクラウド型 CCMSソリューション「DITAworks」の予定

Smart'n'Readyは、XDocs DITA CCMSをベースとした、oXygen、FrameMaker(DITA-FMx)、Word(Content Mapper)の循環ソリューションを簡単にデモする予定でした。近日中にウェビナーなどでoXygenとContent Mappperの校閲プロセスにおける循環ソリューションについてご紹介いたします。ご期待ください。

<< 2019年12月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31