ようこそ、インフォパース株式会社のホームページへ

私たちは、情報開発のオープンな世界標準規格DITAを活用し、ISO26531ガイドラインに基づくコンテンツ管理システムの導入と構築をおこなうシステムイングレーションと、CMS導入のためのDITAインフォメーションアーキテクチャーサービスをご提供するコンテンツ戦略の専門会社です。

コアサービスとして、以下のベンダーパートナー製品の販売および導入、インテグレーションをスモールスタートからコンテンツ管理に取り組みたい企業様向けにご提供しております。

  1. Bluestream XDocs DITA CCMS (中規模以上の組織向け)
  2. Intuillion DITAToo Adobe FrameMaker対応 DITA CCMS (制作・翻訳会社や小規模組織向け)

 

また、上記CMS製品以外のインテグレーションにおいての以下のXML(DITA)関連製品コンポーネントの販売および導入、インテグレーション業務を、お客様の独自システムのコンポーネント部品としての組み込み、および単独ライセンス製品としてご提供しております。

  1. SyncroSoft oXygen XML エディタシリーズ
  2. Maxprograms Fluenta XLIFF DITA 翻訳マネージャー
  3. Suite Solutions SuiteHelp (日本語検索拡張済みウェブヘルプ)
  4. Congility DITAweb ダイナミックコンテンツデリバリー (CDP)
  5. Simply XML コンテンツマッパー (MS Word DITA/XML Addon)
  6. SyncroSoft XML Web Author(ChromeブラウザによるDITAオーサリング)
  7. Congility IdXML DITA-OTプラグイン(Adobe InDesign組版)

 

欧米で主流となりつつある製品コンテンツのコンテンツ戦略(Content Strategy)とは?

取り扱い説明書やサービスマニュアルなどのテクニカルコンテンツを企業資産と捉え、グローバル規格のテクノロジーやプロセスを通じてシステム化し、エンドユーザーの要望と企業のミッションとのギャップを埋め、顧客に最も望まれる情報体験として提供することが製品コンテンツにおけるコンテンツ戦略です。

 

DITA IA(インフォメーションアーキテクト)および DITAスペシャリスト実務コンサルティング

SDL DITA CCMS製品および IXIASOFT DITACMS などの 弊社製品以外のDITAおよびCMSの導入および運用における実務コンサルティングサービスは、限定的ですがお受けしておりますので、質問などありましたらご相談ください。

製品およびシステムインテグレーションサービスの詳しい内容については、問い合わせフォームからお尋ねください。

最新トピック

FrameMaker対応 インフォパースDITA CCMS最新版リリースのお知らせ

弊社が販売や導入支援において国内展開しているFrameMakerに対応した以下のDITA CCMSパッケージの最新版がリリースされました。3月以降のご購入お...

Japan DITA Interest Group (JDIG) DITA関連ツールページ公開

弊社代表が議長を務めるJDIGのポータルサイトに「DITA関連ツール」ページを作成、公開致しました。情報提供のためのインフラとしてのダイナミックパブリッシ...

Japan DITA Interest Group (JDIG) 9回目開催

先日の京都TCシンポジウムのJDIG発表後、初めてのミーティングが大崎のアドビシステムで11/13に開催されます。10月末のPDX DITA(同じドメインを...

oXygen XML Author/EditorのV17.1のリリース

DITAやスマートコンテンツの編集ツールの<oXygen/>から、DITA 1.3 (1部未対応)かLightwight DITA (先取り実験向け)...

Leximation DITA FrameMakerプラグイン群がFrameMaker 2015に対応

DITAコンテンツ開発を支援するLeximationのプラグインがそれぞれFrameMaker 2015対応になりました。FrameMaker標準のDITA...

www.oasis-open.org
インフォパース株式会社は、国内唯一のOASIS DITA TC/DITA Adaption TCの加盟会員としてDITAの仕様策定、グローバルな啓発普及を公式に推進しています。

201406101911_1.jpg
インフォパース株式会社は、国内唯一のCIDMコンサルティング会員として常に最新の情報開発や管理手法を研究、ベストプラクティスを実践しています。
 

携帯サイト


PC版と同じURLです
URLをメールで送る